スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

紅月のロックンロール の歌詞

「紅月のロックンロール」

ミュージック/ZUN/上海アリス幻樂団
オリジナル/亡き王女の為のセプテット
リリック/高森マサル



言葉にするなら簡単なのだが
考えるのなら頭が割れそうだ

その言葉すらも嘘だと言うなら
そこに君はなぜ立っていたんだろう

永い夜になりそうね
楽しい夜になりそうね
駆け出したら一瞬で
赤い槍が落ちた水面揺れる

夜空の足元 月が腰掛ける
夕陽が落ちていったあの日と同じさ
そこに立っているその事実だけは
運命だとは言い切れないだろう

今夜 私と踊りましょう
クラシックなんかじゃ遅すぎる
プレイバックスピードは100回転
エレキギターに火をつけて

薔薇が一輪咲いた天井に
紅月ロックンロールを
ぶち鳴らしておくれ

背骨がシビれる反射速度が上がり続ける
命も削れちゃって 心 刺され

貼りついていたのはハリボテの月か
沈む太陽は燃え上がっていた
寒空の月は盃に浮かべ
わがままな紅月 それはロックンロールだ
スポンサーサイト
2000-06-01 : リリックス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

高森

Author:高森
twitter中毒。

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。